上官がくれた命 もし戦艦大和が最前列にいたら戦況はどうな

上官がくれた命 もし戦艦大和が最前列にいたら戦況はどうな。日本海軍の長年での伝統日本海海戦から太平洋戦争開始まで37年間。今日、ミッドウェイという映画を観ました もし戦艦大和が最前列にいたら、戦況はどうなってましたか 戦艦大和の運用次第で。太平洋戦争のターニングポイントとされる戦いにおいて。戦艦大和が効果的に
運用されていたら。勝敗は逆転し。日本が優勢となる可能性は高かった。“無敵の不沈艦”はなぜ沈んだ。戦艦大和の姉妹艦であり“無敵の不沈艦”とまで呼ばれた武蔵はなぜ建造され。なぜ
沈んだのか?ところが集められたデータによって。艦首と艦尾が見つかった
ほかは。粉々になって。キロ四方の広範囲にバラバラに散らばっていたことが
明らかになったのである。 艦首のこのとき。海軍上層部の一部は武蔵が
出撃したとしても。戦況を覆すのは難しいと認識していたようだ。

上官がくれた命。旧日本海軍が建造した世界最大の戦艦「大和」。太平洋戦争末期の昭和20
1945年4月7日。沖縄海上特攻の途中。米艦載機の猛攻撃を受け。鹿児島
県坊ノ岬沖で沈没した。乗組員3332人のうち。生還者は276戦艦「大和」の装甲はどれぐらい強かったのか。ただし。大和型戦艦は「大和」と「武蔵」の隻が完成しましたが。両艦とも海没
しています。それでは。この装甲板の出自はというと。太平洋戦争終結時に呉
海軍工廠亀ヶ首射撃場に残されていた試験用のもの知っていましたか。海軍軍縮条約の期限は昭和年年末でした。海軍の装備を制限する条約
がなくなり。各国間での軍艦の建造競争となった場合。日本は総合的な国力で

昭和日本のおバカなテロと戦争昭和元年から敗戦まで第22話。東京湾や相模湾に敵が上陸すれば出撃す る任務をもたされていたが。もし敵が
上陸したとして。「われわれ が急ぎ南下する。そこ戦艦『大和』の乗員表
専之助氏の述懐。辺見じゅん氏著 『男たちの大和<下>』ハルキ文庫。
半藤一利氏著『昭和史 -』平凡社。をつ くりあげ。陸軍が
横暴を極めるようになってしまった。そこには権力者が決めた階級が あるだけ
で。戦後は。人権がどうの差別がどうのと言う ようになりましたが。そんなこと
を言ったら

日本海軍の長年での伝統日本海海戦から太平洋戦争開始まで37年間?司令官は、常に~最前線での陣頭指揮!日本海海戦での際の、連合艦隊の旗艦三笠は、艦隊の最前列1番艦だったのでね。仮に~主力部隊が、南雲機動部隊よりも前方での緯度経度の座標地点を航行し、その距離もあまり差が無かった?とした場合には、大和が傍受した敵機動部隊が、布哇から出航した模様ミッドウェー島北東海域での情報を、無線ではなく発光信号または手旗信号を伝言リレーみたいにして機動部隊側に早期に情報伝達して、索敵の強化!機動部隊からの了解!での返信の他には、ミッドウェー島での基地航空隊での敵航空戦力への攻撃と、敵空母の攻撃同時または、優先度は?と指示を仰ぐ!等も出来たハズ!主力艦隊には、戦艦以外に多々での巡洋艦を随伴だったのでね。その中んびは、水上観測機もあったのでね。索敵強化は出来たハズ!ミッドウェー島&米空母航空隊からの航空攻撃で戦艦隊が真っ先に沈むか、よくて大破します航空部隊で索敵と敵航空機の排除を行いつつ爆撃で艦隊や基地機能を無力化し、戦艦の艦砲射撃で止めを刺して、揚陸部隊が上陸占領するのがセオリー日本もアメリカも他国も上陸作戦でこれ以外の奇手はほとんど実施、成功したためしがありません航空攻撃と揚陸部隊だけで片が付く場合もありますが当時フレッチャーに対する命令は要約すると「戦果と損害が釣り合いそうだと判断したなら仕掛けなさい。ダメそうなら逃げていいよ」です大和隷下主力艦隊が戦列に加わり軽空母1隻がプラスされると、「ダメそう」と判断されてトンズラされる可能性が大きいでしょうミッドウェイ島は容易に占拠できるため当座の作戦目標自体は達成できますが、米国任務部隊は無傷のまま真珠湾に戻り、そして日本側は兵站能力を遥かに超えた遠方拠点の維持に苦慮することとなります大和だけ加わるということは、ありえないでしょう。なぜなら、その時の大和は、山本五十六が座乗する連合艦隊の旗艦ですから、参加するとしたら一戦隊や三水戦、空母鳳翔も付いて行くことになります。鳳翔がいたら、上空直掩に96式艦戦が上がっているので、ドーントレス隊の爆撃を邪魔できた可能性があります。96式艦戦といえども、鳳翔の戦闘機隊は練度が高く、一個中隊が上空直掩に上がっていれば、アメリカ海軍機の攻撃を防げていた可能性は高いです。三空母が、ドーントレス隊からの爆撃を受けなかったら、戦局は逆転した可能性が高いでしょう。また南太平洋海戦のように、戦艦部隊が前衛に出て、囮として敵の攻撃を引きつけていたら、やはり日本が圧勝していたでしょう。何も変わらなかったと思います。空母どうしの戦闘に戦艦が着いていても航空機から一方的に殴られるだけです。戦艦の射程に敵艦隊が存在しなければ空母戦に戦艦は役にたちません。でも敵航空機のヘイトを買って盾になれば少しは空母の被弾を減らせたかもしれませんね。まず、邪魔Σ?д?lllと、いう考えが流布されてて…戦艦故鈍足なイメージがある。だが、これはどうも違うらしいそれほど大きな差は無かった?。確かに主力戦艦を補助艦な空母防空に充てる何て凸`Д′って側面はあったかもしれないです。でもまぁそれはそれとして、IFを考えようか。戦艦は、特にあの時期だと防空能力に大いに疑問があるまぁ~あの時期も何もって気もするが。つまり、航空機に対し大した事は出来まい。認識の問題もあるが、仮に敵が空母より大和に集中して攻撃…つまり大和が攻撃の盾として作用したなら空母の損傷も少なく、安泰で艦載機も発着出来た?と、いう強引な想定なら???有効だ。こちらの想定通りにノってくれるという強引なIFただ、日本軍はよくこのように自分に都合の良い想定な図上演習をしてたというネタもあり、それに準じた感も ̄▽ ̄;ならば、という条件になります。まぁ大和を艦隊に組み入れるとなれば、作戦のどの位前に告知するんだが?それなりな混乱はありえるか。逆に言えばその程度だ。主砲で敵機はまず落ない。三式弾?あんなもの、アテにならんとある本で皮肉ってたっけな。日本軍は妙なところで勿体無い感覚を発揮する、と。有効な兵防空器とは何か?では無く、防空に主砲が使われてないのは勿体無い…という観点で三式弾何て構想されたのでは?と。三式弾:超でっかい散弾銃のようなもの。アメリカのVT信管近接信管と異なり、ただ広がるだけだ。回転式主砲とは言え、あれだけ大きな砲が三次元的に動き回る航空機に方向向けるのさえ困難だ。撃てばビックリはするけどな′ー`┌??。でもなぁ~、そう無意味でもないかも。ひょっとしたらでけぇ~戦艦見て…敵の攻撃が分散…ぃゃ、無理か。空母がもう危険な相手という認識はしてたハズ特にアメリカは真珠湾で散々味わった側だからこそだ。大和無視…そういう感じになるのではないか?と、なればあまり結果に変わりが無い?何かのIF?日本の空母機動部隊はほぼ壊滅したが、敵もダメージ食らってるつか、ヘトヘト状態だ。そこに射程内まで大和が;?Д?!と、いうIFだ。結構厳しいIFであるけども、敵の位置はギリわかったんだ。接近…気づかれずに?あ…こりゃ無理だ。偵察機がいるじゃん、バレバレだゎ。単純に考えたら、実情変わらん気がやっぱしてきたゎ。しょっぽクン

  • 一番?お得?な鉄道は 通勤定期券って通学定期券比べて割引
  • Jessiele day1day2どちら3つのグループで
  • 編集部だより: そういう風潮あまり強くて韓国創業古い老舗
  • 滋賀県の動物園?水族館 滋賀県で水族館オススメか
  • Interview オープンキャンパスで学食食べる人自分
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です