防衛省?自衛隊:憲法と自衛権 抗戦権までは否定されていな

防衛省?自衛隊:憲法と自衛権 抗戦権までは否定されていな。国軍でないというなら、中国人民解放軍も、共産党の軍事組織で、国軍ではないが。「抗戦権までは否定されていない」と言う人が居ますが、それは国軍として だからでしょう 国内法で軍隊を持たないという事は国軍では無いという意味でしょう https://detail chiebukuro yahoo co jp/qa/question_detail/q13231689163防衛省?自衛隊:憲法と自衛権。政府は。このようにわが国の自衛権が否定されない以上。その行使を裏づける
自衛のための必要最小限度の実力を保持するをわが国の防衛の基本的な方針
として実力組織としての自衛隊を保持し。その整備を推進し。運用を図ってき
ています。これまで政府は。この基本的な論理のもと。「武力の行使」が許容
されるのは。わが国に対する武力攻撃が発生した4交戦権 憲法第9条第
2項では。「国の交戦権は。これを認めない。」と規定していますが。ここで
いう交戦権と

もし「自衛権」を国民投票にかけたらどうなるか。改憲の国民投票で。「個別的自衛権は行使できる」との条項は可決できるかも
しれない。主な著書に『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』『憲法の新手』『
憲法という希望』など撮影。菊池くらげ。以下同で「自衛権の発動として
の戦争も。又交戦権も抛棄したものであります」と発言し。個別的自衛権の行使
すら否定していたの現在。国際法もこれを違法としています。日本政府は。
この自衛権の行使については許されないわけではないとの立場を一貫して取っ
ています。

国軍でないというなら、中国人民解放軍も、共産党の軍事組織で、国軍ではないが。「交戦団体」という言葉をご存知かな?で、国際法というものは相互主義だから、自衛官は軍人ではないから捕虜になる資格がないというなら、こちらも中国兵は国軍ではなくテロリストだというまでのこと。恐ろしいことになるが。日本国憲法は、[平和を愛する諸国民諸外国の国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意]してる訳なので、諸国民が日本を攻撃しようとしたら、憲法の前掲が崩れます。崩壊した憲法を守る必要はありません。もちろん、日本国憲法は、日本人の憲法なので、それのキャンセルを、外国がとやかく言う資格もありません。つまり、[諸外国が日本に手を出さない限り、日本人は憲法を守る]と憲法で明記しているので、諸外国が日本に対する攻撃の意志を示したとたんに、[国軍がー]とか[交戦権がー]が、すっ飛ぶって話です。スイスが[スイスを攻撃したら、国民皆兵で戦い、敵に何も残さない焦土作戦を決行する]と言う宣言に、外国が異を唱えられないのと同じですね。国際法では明確な指揮系統が有り軍服を着用して民間人とは明確に違う武装した者も捕虜として扱われる資格が有ります。私も昨日知って驚きましたが、これが現在の政府解釈です。よって貴方の議論は前提から成立しません。自衛隊は、国内では軍隊ではないですが、国外的には軍隊として扱われています。なので、ジュネーヴ条約にも日本は加入していて、外国に対しては自衛隊は国軍として扱われます。 交戦権の放棄というのは、自ら他国へ侵略する事を認めないという事ですので、自衛の為の防衛戦については、可能とされてます。抗戦ではなく交戦権。基礎知識から仕入れ直した方が良いでしょう

  • 31cLub サーティワンアプリ登録ている誕生日月来るア
  • エースコック ⑤大盛いか焼きそば派よ
  • 電流がつくる磁場 A地点で2つの電流作る磁場いずれ同じ向
  • 『みずほ銀 吉本興業潰てまえば問題全て解決
  • シオン0404 見辛かったらすみません
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です