29厚生労働省 ■当該人物は8月中旬にも同様の渡航を予定

29厚生労働省 ■当該人物は8月中旬にも同様の渡航を予定。1、ICカードでの管理ならばそれが当然です。時間外申請?有給休暇に関する社内ルールの妥当性について 閲覧ありがとうございます 私はとある病院で働く医師です 最近、後述する院内ルールについて医師内で不満があり皆で法的施設に相談することも検討しています それに先立ち、以下に妥当性があるか法的立場からご教示頂きたいと考えております
また、同じ医療関係者の方がいらっしゃいましたら各施設で同様のルールがあるか教えて頂けると幸いです

(時間外申請について)
■勤怠管理はICカードで行われています ICカードは扉の開閉等に使うものですが、勤怠打刻が出来るICカードリーダーは院内数カ所にしかありません 朝の忙しい時や緊急対応?臨時呼び出しの場合にはしばしば打刻を忘れることがあり、これまでは手書き記載することか通例でした 当然カルテや処置等の勤務は行っています
■実際の時間外労働時間は100?120hrがザラですが、昨今の働き方改革で問題視されるため、自主的に過小な数字を手書きすることが多く、概ね月平均80?100程度の申請でした
■9月中旬に「ICカードに打刻のある時間以外の申請を認めない」との通知文書が全員に配られ、また文書配布前の8月分についても同様の対応がされることとなり、8月分の時間外申請も認められなくなりました
■上記のような文書配布前に遡ってルール変更をすること、また今後打刻以外の手書きを禁止することに妥当性はありますでしょうか

(有給休暇について)
■別病院への転職活動のため6月時点から有給休暇申請をし、許可の上で7月末に東京?大阪等の都市部に行った者がいます 当時は一時的にコロナが落ち着いたと思われた時期であったため申請が通ったようです
■しかし、まさに現地に渡航した翌日に東京?大阪への感染警報が出されました それを受け、病院からは「帰宅後1週間以上の自宅待機後の検査」を指示され、この待機期間は有給休暇から消費されるとの通達がありました
■当該人物は8月中旬にも同様の渡航を予定していたため二回の自宅待機により業務に支障を来すと判断され、残りの約3週間に渡る有給休暇による自宅待機を指示されましたが、二回目の渡航を中止したことで7日間の自宅待機となりました
■このルールは他の全職員に適応されることとなり、年次有給休暇を越える場合は減給処分となることが文書配布されました
■上記ルールが適応されるのは観光等の私的渡航の場合とされており、公務であれば病欠扱いとのことですが、現在は転職活動が盛んな時期であるため渡航が必須となっており、これは私的渡航とされています
■上記のように、渡航以前に適正な手続きで許可を得た渡航に対して、渡航後に有給休暇を消費する自宅待機期間を設けることは妥当でしょうか また、その後一般に周知された上記ルールに妥当性はありますでしょうか

以上箇条書きとしましたがご助言いただけますと幸いです
またどのように交渉していくべきかも併せてご相談させて下さい 外務省。下記の外務省海外安全ホームページ内にリンクを設置致しますので記載予定。
「米国月日~月日1月21日。イリノイ州は。同州の第6
地域州中東部21郡に対して即日。これまで課していた追加的な感染対策
要件を満たす陰性証明を取得したこと」または「-から治癒し。渡航に
支障がないと診断されたこと」の月8日金午後5時までとしていた夜間
自宅待機等の指示を。当面1月29日金午後5時まで延長するとしています

新型コロナウイルス対策でサービス無償化や臨時提供等。新型コロナウイルス対策でサービス無償化や臨時提供等。特別対応を実施して
いる企業?団体等サービス一覧キャリア?副業支援組織の人事業務支援
テレワーク?リモートワーク支援セールス支援事業者の税務?会計
?年月日に厚生労働省から発表された「新型コロナウイルス感染症
対策の基本方針」を受け。「オンライン診療コロナウイルス感染拡大に伴い
休校となった?歳児を対象に。言語学習アプリ「」を無償提供。29厚生労働省。特記事項, <追加共同提案団体及び当該団体等から示された支障事例主なもの
>, 各府省からの第1次回答, 各府省からの実際に。保育所等訪問支援及び
障害児相談支援の指定も受け。地域支援を行っている児童発達支援事業所もある
が。ば。中卒者であっても。保育士試験の受講資格を認められるため。同様に
既存の年間の実務経験に上乗せする等により。人材確保が困難ななか。補助
員では他に支援員を配置する必要がありシフト編成に支障を来すとのことであっ
た。

1、ICカードでの管理ならばそれが当然です。今までがルーズすぎたのです。それに甘えていたから不満に思うのでしょうね。自主的に過小な時間書くのはそれは自主的ですから本人の問題ですが、こういう行為があった為に厳格化されたのでは?要求するならばICカードリダーの増加。自宅待機に関しては、病院にお勤めならばコロナの感染力はよく御存じなのではありませんか?待機処置不当だと思われますか?自宅待機の不満は有給対応に対してでしょうか?有給でなければ休業保証となりますが、それだと全額保証ではありませんがそれでもよいということでしょうか?どの改正も正当だと思われます。寧ろ自主的に過小に記載するとかしなくてよく、正当な時間で管理されるのですからよろこばしいことでは?自宅待機の有給は給料減ってもよいから休業補償に出来ないかと交渉することだけです。有給がなくなって休めばその分減給も当たり前のことです。詳しくはネットで労働相談ホットラインと検索してフリーダイヤルで電話相談してみてください?ブラック企業をなくしていくには労働者は泣き寝入りせず労働法を学んで正しくキレる?そして倍返しです。参考にこちらをご覧ください参考にこちらもご覧ください①勤怠管理はICカードで???勤怠管理がICカードで行われることがルールなら、そのルールである限り何らかの理由により正しくチェックを受けられない時はこれまでどおり手書き記載すべきです。忙しいことを理由としてそれを回避したいならルールを変える必要があります。②実際の時間外労働時間は???過少申告した場合はそれが実績だと見なされます。それに対して不満が残るなら決して過少申告すべきではありません。③9月中旬に「ICカードに打刻のある???「ICカードに打刻のある時間以外の申請を認めない」との通達はこれまでのルールに対するルーズさに業を煮やした結果なのでしょう。これまでの甘えに対するペナルティになるかもしれませんが、それは本来、ルール施行後一番最初の月に科されたはずのペナルティです。④上記のような文書配布前に???ルール変更を遡って行うことは双方の同意がなければできません。しかし、③では本来のルールに沿った運用にしようということですからルール変更ではなくルール適用の厳格化です。⑤有給休暇について自宅待機期間ですが「普段どおりに仕事をできる状態であるものの、感染を疑わせる事情がある場合」に該当し、休業手当の対象になると思います。休業手当での給料は60%となりますので、『年次有給休暇を越える場合は減給処分となる』その減給が40%以内であれば処分という言葉が実際に懲戒等の処分を指しているなら別ですが休業手当対象となったための減収ということになろうかと思います。有給休暇は従業員が理由を問わずに自由に使用できる権利です。会社が時季を指定して使用させることはできません。有給休暇の使用は法的に拒否できますが、その場合は休業手当の対象となって給料が40%カットされます。⑥上記のように、渡航以前に適正な手続きで許可を得た渡航に対して、渡航後に有給休暇を消費する自宅待機期間を設けることは妥当でしょうか?リスク回避のための自宅待機期間を設けることは妥当です。会社が行うべきことは「いついつからいついつまでの間、会社都合による休業を命じる」と宣言することだけです。それに対してその期間を有給休暇にできるかどうかは会社の判断によります。有給休暇は所定労働日にのみ使用できる権利であるため、休業日はそれに該当しないためです。つまり有給休暇の使用は一切認めず、全日を60%支給とすることも合法なのです。「有給休暇を使用させる」と会社が言っているのを拒否すれば有給休暇は消費されず、40%給料がカットされることになります。

  • ロマ:現代に残る貧困と差別 ジプシー人ロマ人ってどんな人
  • チームワークとは チーム力個々の能力で戦っていたチームか
  • 掲示板から 先週腰太の間らへんニキビみたいなのできてだん
  • Understanding っていうのかな
  • 精神障害者保健福祉手帳 精神障害者保健福祉手帳ってます
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です