umidas 地球の月に面した側は共通重心に近いため公転

umidas 地球の月に面した側は共通重心に近いため公転。天文学を専門的に学んでいない素人ですが、重心は、地球と月がそれぞれ持っているもので、共通重心というものは。天文学でしつもんなのですがこの文 「月と地球は共通重心を中心に互いに公転している 地球の月に面した側は共通重心に近いため公転の遠心力が小さく、月と逆側は共通重心から遠いため遠心力が大きくなる このため、月に面した側は月の引力が強く、反対側は遠心力の方が大きくなる 共通重心周りの回転による遠心力が潮汐の原因である」 どこが間違ってるのでしょうか また、どう訂正せればいいか知りたいです地球と月の共通重心。潮汐力とは,地球の海水に干潮?満潮の潮汐を発生させる力であり,下図に示す
ように月の引力と,地球と月がお互いのこの地球と月の共通重心を中心とした
回転運動に関して誤解が多く,特に共通重心による回転で生じる遠心力がの大き
さとに回転するという誤解に起因し。共通重心より月側では。月の方に遠心力
が働くのではないかと思うことが原因である。 下の図では月が1公転するたびに
地球も1自転してしまっている月は公転周期と自転周期がほぼ等しくなって
いる

よくあるご質問。簡単にするために。地球が一様な海水で覆われていて大陸?島嶼は存在しない。
また。 海底と海水の摩擦をゼロとします。そして。月と地球は万有引力
によってお互いの共通重心の周りを円運動公転をすることになります図-
。なります図- 共通重心 が回転の中心となり。地球の中心点
。 月に最も近い点 。 月から最も遠い点 この時。向心力共通重心に
向かう力は何処でも同じ向き同じ大きさなので。遠心力 も同じ向き同じ
大きさ に潮汐?海面水位の知識。潮汐が起こる主な原因は。月が地球に及ぼす引力と。地球が月と地球の共通の
重心の周りを回転することで生じる遠心力を合わせた「起潮力」です。 地球と
太陽との間下図のように。起潮力は地球を引き伸ばすように働くと。潮位の
高いところと低いところができます。 潮位がまた。月が地球の周りを約か月
の周期で公転しているために。満潮と干潮の時刻は毎日約分ずつ遅れます。
さらに。大潮と小潮は。新月から次の新月までの間にほぼ回ずつ現れます。
新月と満月

潮の満ち引きはなぜ起こる。月の真下の月に面した海面では月に最も近いため。月からの引力は地球の
中心よりも強く働いており。より逆に月の反対側の海面では月の引力は最小
となり。月ー地球共通重心に対する公転による遠心力のほうが月のただし。
木星は質量が巨大なため太陽との質量比は地球の場合よりも小さく。太陽との
共通重心は太陽の外側太陽表面から約結局。地球中心ー共通重心ー月を
結ぶ線上の月から最も遠い点点と。最も近い点点で満潮が起こるumidas。月の引力と。月と地球が同一の軸を中心とした公転運動の遠心力とは互いにつり
合っている。しかし。月に面した地表では月への距離が重心よりも近いため。
引力の方が大きくなって月の方へ引き寄せようとする力が働き。月とは反対側の
地表では月からの距離が遠いため遠心力が勝り。月から離れる方向に力が働く。
そのため月に面した上弦。下弦を1?2日過ぎた頃。干満差が一段と小さく
なり。満潮?干潮の変化がゆるやかで長く続くように見える小潮末期。旧暦の
10日

潮汐力と遠心力を巡るよくある誤解。図1に示すように地球茶色の丸の海水水色の楕円のうち。月に近い部分と
その反対側の部分の海面が図1 潮汐力 地球茶色の円。海水水色の楕円。
月右の黒丸。月の重力緑の矢印。月に近い点。月から遠い点なぜなら
。地球?月系の公転の共通重心は地球内部に存在するからだ。遠心力の大きさ
は共通重心からの距離に比例して。その方向はから離れる方向である。上
で地球?月系での潮汐力を考えるために。遠心力を使って説明した。

天文学を専門的に学んでいない素人ですが、重心は、地球と月がそれぞれ持っているもので、共通重心というものは?もしかして、おっしゃりたいのは月がいつも同じ面を地球に見せていること?これは月が地球を回る公転周期と月の自転周期が一致しているため。このよう公転周期と自転周期が一致するという現象は、潮汐力の結果と考えられています。このように、自転と公転の周期、あるいは他の天体との自転や公転の周期が、簡単な整数比で表されるような関係を、「尽数関係」じんすうかんけいといいます。月の場合には「自転周期と公転周期が1対1の尽数関係にある」といういい方になります。ただ、尽数関係そのものについてはまだよくわかっていない部分もあります。例えば、木星の衛星については、イオ、エウロパ、ガニメデは、公転周期が1対2対4という尽数関係にあります。つまり、ガニメデが1回木星のまわりを公転する間に、エウロパは2回、イオは4回公転します。なぜそのようになるのかは、いまだによくわかっていないようです…下を見て下さい。 月の引力に引かれて地球の海の水が膨れてます。これと同時に逆側でも海の水が膨らんでいます。これを遠心力で説明しようとしているのに無理が掛かっているように見えます。遠心力は地球が持っている重力の力の逆の力です。海の水は岩石とは違って自由に動きます。地球を囲っているこの水は、もし月がなければ表面を平らに囲っている筈です。しかし月の引力の性で水が持って行かれているので、月側の水が膨らんでいます。ところが同時に逆側でも同じほど水が膨らんでいるので、それで遠心力でこれを説明しようとしたのが、あなたの出された文章です。地球から見て遠心力は、月のある方に引っ張られているのでむしろ強そうです。地球の逆側は月に引っ張られている訳ではないし、裏側から来る引力が来るのでむしろ弱そうです。遠心力で説明しようとすると、逆の状態になりそうです。一見その説明が良さそうに見えますが、遠心力を無理に使っている気がします。そうではなくて引力だけで説明した方がいいです。ただこれでは逆側に水が膨らむ意味が出て来ないように見えます。それで私は物体に働く力ら関係で見てます。大工で利用するカンナを使った事がありますか?これは刃を直接上から叩くと、下に刃の先が出て来ます。しかし不思議な事にそれとは逆の方の、木の方の下角の部分を叩いても同じく刃が出て来ます。それで私はこの状態で、海の水が逆側でも膨らむと思っています。月の引力で引かれた力が、逆側にも同じ力の効果が出るという訳です。ところで私は自分で宇宙を考えているのですが、太陽恒星が出来ている姿が今の科学で昔から言われて来たものではないという事で回答しているので載せてみます。この中で1987Aの爆発現象を載せてますが、これが丁度今のカンナで説明出来る状態が出て来ます。先ず月というのが課題でした。 上を辿ると先に一寸出した1987Aと言うのが出ないのですが、それは下を入れ替えて下さい。ところで上のURLの中でビンの中の牛乳の例では、下の写真のようになります。最初の「月と地球は共通重心を中心に互いに公転している。」以外はすべて間違いです。地球の月に面した側であろうと月と逆側であろうと、遠心力はすべて同じです。こういう文を認めるということは、公転とは何かを理解していないということです。月は1回公転する間に1回自転しているということを知ってますよね。もしこの文章が正しいのなら、月は公転はしているが自転はしていないということになってしまいます。潮汐の原因は、月による万有引力の違いです。月による万有引力は場所により違うのに遠心力は同じであるために、その合力は場所によって異なり、それが潮汐の原因でなのです。潮汐力の理由は、「重力が距離によって変わること」で、回転しているかどうかは「全く関係ない」からです。たとえば、ある天体Aに細長い物体Bが真っ直ぐ落下していっても、Bの先端と尾端にはAの重力によって潮汐力が発生します。潮汐力の発生について根本的に間違えているからです。文章の内容は、最後の1文を除いて、合ってるっぽくって、ちゃんと理解してるっぽい。最後の1文は、潮汐力の原因を遠心力だけに限定した言い方になってるのが、ちと違うかなぁ。途中の文章では月の引力の話もちゃんと出て来てるのに。なんで遠心力だけに限定しちゃうかなぁ。「月の引力と、遠心力との差」なんだよねぇ。さらりと言える良い表現が思いつかないけど。

  • iPhoneやiPad の表示されてますiPhone同士
  • 脱?普通預金 大量のお金預ける場合窓口でお願いますいうこ
  • スイング加速器 バックスイング大きく言ヘッド遠く若く拳遠
  • 新日本プロレス 神戸記念ワールドホールアリーナ35列目っ
  • マリオカート マリオカートツアーいつ始まるんか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です